FC2ブログ

telealias

 ニワトリだって空を飛べる。

RSS 1.0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

related: スポンサー広告

2010-06-22(Tue)

ぼくがプロットを組む理由

 お久しぶり。
 先日、名古屋近辺のライトノベル作家志望で集まって談議したりしませんか、という集いの告知があったので、顔を出してきた。しばらく潜ってはいるものの、ぼくの中でまだ灯は消えていないので。
 各自プロットや作品を持ち寄って、ということだったので、プロットだけができあがっているものと、あとは純粋にこんな感じの文章書きますよということで短篇を一本添えて、持っていった。
 プロットのほうは、設定にやや分かりにくいところがあるかも、という声と、キャラクターが魅力的で分かりやすいですね、という声と、これはミステリですか?という声。

 一つ目はもう自分でもよく分かってる。結論から言えば、脳内の情報が文字に落としきれてないからだ。これはあとで詳しく。
 二つ目は、これはうれしい声。しかしこれに関してはそれなりの努力を払ってきた。自分でも前よりよくなってきたかな、と自惚れたりしていたが、こうやって第三者からの声をもらえると自信になる。自慢である。
 三つ目。ミステリではありません。しかし、プロットを読んでそう思われたということは、たぶん伏線の張り方や、謎かけめいた設定、展開などから、そのように意図していると感じられたのかもしれない。ガチミステリはぼくはまだまだ書けるレベルではないと自覚しているけれど、ある種の「展開を予想させる」くふうみたいなものは、こころがけているつもりだったので、これもやっぱりうれしい感想だった。

 ところで話は変わるのだけど、これまた先日、といっても別の日なのでこれとは別件なのだけど、「プロットを作ってもそのとおりに作品が仕上がることはないので、気にしていたらきりがない」というようなことを耳にした。
 ふむ、なるほど。確かにプロットどおりに作りあがることは滅多にないだろう。少なくともぼくは経験上、そういうことは全くない。

 話が逸れた。そういえば前振りも自慢ばかりでしょうもなかったし、そろそろ本題に入るとして。
 そう、本題である。
 つまり、「ぼくがプロットを組む理由」だ。
 この理由はいくつかある。

 その理由の一つが、前振りで書いた一つ目の問題、である。
「脳内の情報が出力に落としきれていないと、出力結果が分かりにくくなる」現象。
 結果から書くと自明である。当たり前すぎる。
 人間は非常に忘れっぽい。ぼくなど特にひどい。なので、ぼくはできるだけ、思いついたことはテキストエディタにがんがん書き起こしていくことにしている。タイトルだけのテキストファイルもたくさんあるし、そのファイルの存在自体を忘れていることもよくある。
 こんなに忘れっぽい人間だから。
 頭の中にだけ存在している情報を、設定に起こしたつもりで、説明したつもりで、その実、何の説明もなくそれを前提とした話をしはじめたりすることが、ないと言えるだろうか。いや、よくある。反語。
 件の集いでの指摘というのはまさにそれであり、自分では分かっているが(脳内にあるから)、他の人は説明を受けていないので知らない、という設定があり、そのまま話を書くと、その話を読んだとき「突然よく分からない設定がでてきた」という状態が生じる。
 プロットですら、そうなのだ。
 本原稿でそうならないわけがない。ましてプロットのない本原稿など、ほぼ脳内設定ベースである。読者とどこまで情報共有できているのか、はたして把握できますか、とぼくは思う。しかし現実にはそんなことが問題にならないような書き手もいるので、やはり人それぞれと思うしかないのだけど。
 少なくとも、この設定がキーだ、とか、この設定をここで読者に知っておいてもらう必要がある、とか、いつどの情報を出すのか、そういったもろもろの制御を、どこかでまとめておいた方がいい。
 そして、ぼくはそういう類をまとめるためのものをプロットと呼んでいる。で、プロットのためにネタのメモを取るようにしている。
 メモも、最近はできるだけ一つのファイルに追記を繰り返すようにしてるので、だいぶ抜けや漏れが減ってきた。
 それなのに、今回プロットを見てもらったときにはやはり分かりにくい、という意見をいただいたので、やはりまだまだ足りないのだろう。ぼくは特に、これについて自覚的になる必要があるだろう。
 思いつきを脳内に残したままにしておいてはいけない。さもなくば、できあがったものも分かりやすくはならないだろう。うんうん。
 ……本当に、そうだろうか?

 思いつきというのは、大半が無駄なものだ。ある意味無駄だから忘れるとも思う。そして本当に重要でなければ忘れてしまうから、設定に絡んでくることはないだろうし、そんなものは気にする必要はないのかもしれない。
 いや。
 それでも、だ。
 やっぱり書き起こしておくべきだとぼくは思う。少なくとも書き起こしておけば、後から見て本当に無駄かどうか判断できる。頭の中にあるうちは必要かどうかすら分からない。思いついたものがどこで使えるかも分からない。書いておいて後から捨てることは、いくらでもできる。

 しかし、これだけじゃもう一つの問題には片がつかない。
「プロットどおりに作品が仕上がることはない。だからプロットなど気にしすぎることはない」ってやつだ。
 耳に挟んだだけなので当人の真意を問うことはできないから、もしかしたらずれがあるかもしれない。しかし、どの道この手の言及は避けられない話なので、この問題も解決する必要があるだろう。

 プロットというのは、ある種の設計図である。そしてぼくの仕事は、システムエンジニア――そのひとつとして、システムの設計書を書き起こすこと――だ。いまはしばらくおやすみをいただいているが。
 期間から言ってたいした経験ではないが、その経験においてもこれは言えると思う。仕様どおりに設計し、その設計どおりに実装を行ったつもりで、バグが見つからないことは一度もなかった。そしてバグの原因を追究していくと、実は設計が、ともすれば仕様からして、間違っていた、と。こういうことは決して少なくないだろうと思ってる。
 なるほど、設計したとおりにものができあがることはない、と言い換えることもできるかもしれない。
 しかし、だ。
 実装段階で変更しなきゃいけない点がいっぱい出てくるとしたら、確かに、まずいのは、設計の方である。でも、それが設計は重要じゃないということには繋がらない。
 設計から見直すべき、なのだ。
 設計上の誤りを見つけて、それをフィックスし、フィードバックする。そして実装する。こういう繰り返しで進めて行く。このほうが、圧倒的に、実装時のリスクが減る。
 ぼくだってプロットどおりに話が書けたことなんて一度もないから、大きなことは言えないが。
 しかし、プロットを組んで、話を作って、話の軌道が変わってきたなら、そこでまたプロットを組み直せばいいんじゃないだろうか。
 もし「気にしすぎることはない」というのが、「プロットなんて後で自由に弄ってもいいのよ」というような趣旨ならば、まぁ、それおれがもう言ったし?というちょっとピントのずれた意見になっているかもしれないが……。

 確かにプロットや設定に引きずられて思い通りに書けないことがあるとしたら、それは枷でしかない。けれども、その枷は本当におもりがついていますか? どこかに繋がれていますか? 繋がれているとして、鍵をお持ちではありませんか? あるいは、鎖は錆びていませんか? 断ち切る道具が転がっていませんか? ぼくは問い続けたい。
 もしかしたらちょっと足を引っ張っただけで、枷が外れるかもしれない。
 そんな気楽さは、確かに持っていていい。しかし、足元を見ることは忘れずにいてほしい。自分が立っている場所を思い出してほしい。どうして話を書こうとしたんだっけ? 何を伝えたかったんだっけ?――と。

 ぼくがプロットを組むのは、つまり、自分の思いを文字に落とし込むため、誰かに確実に伝えるため、なのだ。

スポンサーサイト

related: かきもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。