FC2ブログ

telealias

 ニワトリだって空を飛べる。

RSS 1.0

2009-12-28(Mon)

言葉と表現 #6

 今日は口語についての話をしたい。
 意外に、地の文で修辞を使うことというのは少ない。地の文は本文の七割から八割程度を占めるから、つねに修辞を凝らした文にすると、かえって、どこに力を入れているのかがぼけてしまう。だから、ここぞ!というところで、適切な効果を喚起する修辞を使えれば、それが理想だと思う。
 で、むしろ会話文のほうである。
 会話文は、短くまとまりながらも、より印象的に、話者の個性をよく反映していることが、ことキャラクター主体の作品においては望ましいと思う。印象的に、というのは、これは会話の連続で話者が明確にするということももちろんそうだけど、そのキャラクターの表層と内面とをよく表現するのは、地の文より会話だと思うからだ。
 また、会話はテンポとリズムが大事だとも思う。だから、短くまとまりのある文を書けるのがいい。このあたりが、台詞回し、とかいうやつ。
 どうしたらうまい台詞回しというやつができるのか。
 これはぼくが知りたいくらいである。
 けれども、いくらか意識してもいい点がある、というのは分かってるつもり。そういうわけで、口語の話をしたい。

 口語、というのは、話し言葉のことである。
 言葉っていうのは、はっきりいってたいがいいい加減なもので、きっちりなんてしてない。話し言葉は話しやすさに引きづられるから、書き言葉にない表現が生まれる。
 たとえば、「ら抜き」や「い抜き」がそうだ。こと文を書く上で「正しい日本語」みたいなことを心がけるように、という話を聞くことがある。その「正しい日本語」とやらに「ら抜き」や「い抜き」は含まれていない。
 ふむ。
 ぼくは仕事で設計書なんかを書いている。試験結果報告書や調査報告書なんかもそうだ。この手の技術文書を書くなら、確かに「正しい日本語」を心がけるべきというのは、そうだろう。論文やビジネスメールもそうだろう。
 しかし、小説やマンガ、ゲームでまでそうである必要はまったくないし、まして日常会話や、身内のルーズなやりとりに「正しい日本語」なんて、と思う。
「ら抜き」や「い抜き」というのは、音便である。より話しやすいよう、言葉がくずれた結果だ。たとえば「読む」の連用形は「読み」だから、「本を読みて」となるのがより文法に忠実だろう。しかし、「本を読んで」となるのがふつうだ。そしてぼくらはこれを何のためらいもなく受け入れている。「ら抜き」や「い抜き」だって、これとそう変わらない話じゃないか。

 しかし、実際公の場で使うべきでない、というのは分かる。話しやすい言葉というのは、省略の言葉である。もっというなら手抜きの言葉である。手を抜くということは礼を失するにあたるだろう。あるいは正当性を主張する上では、説得力を欠くことになるかもしれない。
 逆に気を抜いていいところでそうしないのは、これも変である。ルーズな言葉だからこそよい、私の場というものもある。

 地の文を一人称、あるいは三人称で自由間接話法を取り入れるような場合、ルーズさが求められる場合があるだろう。会話文はなおさらそうである。そして普段ルーズな会話文において、あえてルーズでない言葉を使うことが、そう、強調になってくる。
「い抜き」言葉は、「~している」の「い」を抜く表現だが、普段「い」を抜き、ここぞというところで「い」を入れてやる。普段「~してる」と緩く読んでいたところで、「て」と「る」の間に「い」が入ってくると、「い」を意識して読むことになる。おそらくは、力強く読む。このとき、たぶん話者も同じ気持ちなのだ。強く何かを言いたい。だからこそ「い抜き」しない。手抜きではない、省略しない言葉を使うだろう。
 話し方や口調から、そのときの話者のモチベーションやコンディションが想像できる。逆に言えば、それは書き手としては、意識して表現できる、ということだ。ふだん無意識にやっていることを、字として文として書き出し、それを見つめなおせば、それが見えてくる。

 台詞回しというのは、こういう一字一言一句のレベルで互いに作用しあう上、場面の状況、文脈、その他さまざまな影響を考慮しなきゃいけない。だから、一言で、こういうのが上手い台詞回しだ、というものはないと思う。けれども、よりよくするために考えることはできる。考えることがありすぎるくらいなんだから。
 今回は、ひとつとして、口語というのがあるぞ、ということを心に留めておいてもらえたら、と思う。そんな、お話。

related: ことば

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。