FC2ブログ

telealias

 ニワトリだって空を飛べる。

RSS 1.0

2010-01-04(Mon)

言葉と表現 #7

 久しぶりにタイトルの話でも。
 前回は「狼と香辛料」で、主要キャラクターふたりを並列するやり方について話した。今日はメインキャラクターひとりを据えるものを見てみたい。
 メインキャラクターひとりを据えるタイトルは、数え切れないほどある。前に「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒの憂鬱」といったヒロインを据えるものを例に挙げた。直接的に人物名をタイトルに含めるものもあれば、「文学少女」シリーズのように、その人物の別名を含めたり、あるいはその人物を想起させるような語句を含めるものもある。
 今回は、最後のケースを見てみよう。
 そういうわけで、「さよならピアノソナタ」を挙げることにする。
 前回注意喚起しなかったけど、軽くネタバレを含むので気をつけられたし。前回よりも核心に触れるので、もし不安なら読まないことを推奨するけど、アンコールつきで全五巻読んでからこの記事を読むときっと幸せになれるはず。

 前回のとおり、その人物を想起させるような語句、というのはつまり比喩の技法である。比喩を使うと、意味が曖昧になる。いろいろ想像させる余地ができるわけだ。自然と意味を重ねやすくなる。
「さよならピアノソナタ」の「ピアノソナタ」は、今回の話はタイトルにヒロインを据える例を見てみようとはじめに言っているのだから、もちろん本作のヒロイン蛯沢真冬を指している、という話だ。他人を寄せ付けない雰囲気を持った、孤高の天才ピアニスト。もちろんピアノソナタそれ自体も作中に大きく関わってくる。作品を一曲の音楽に見立てて「別れのピアノソナタ」と取ることもできるだろう。しかし「さよなら」と呼びかけているのだから、やはりここは、この「ピアノソナタ」は真冬を指していると捉えたい。

 ところでこの作品はバンドものである。
 バンドものというのはふつうアンサンブルである。そしてピアノソナタというのは、ピアノ独奏曲のことである。たったひとりで演奏する真冬をピアノソナタにたとえて、この「さよなら」を真冬との別れを暗示するのなら、逆に、ピアノソナタをただひとりきりで演奏することとして捉え、ひとりで演奏する行為に別れを告げる、と見ることもできるのではないか、とぼくは考える。
 それはつまり、真冬との別れは一時のものにすぎなくて、いつか再会することを暗示している、と。
 もしこの記事を読んでいる方が、encore piecesまで読んでいるのならば、この言葉の意味はよく分かるはずである。具体的に言うことはしない。それこそ、野暮ってもんじゃないか。

 このタイトルは、本当に読んだらいかに素晴らしいタイトルか分かってもらえると思う。
 悔しいけど、これを言葉にすることなんてできない。
「さよなら○○」というタイトルは、わりと常套的に使われる形式である。そしてそのだいたいが別れの話である。
 けれどもこの作品が別れを告げるのは、必ずしも「ひと」と「ひと」とは限らない。
 こういうふうに、本来想起されるものとは真逆の意味を含めると、読み終えてタイトルを見返したときに、なんともいえない感慨を喚起させる。
 このタイトルを素晴らしいと思うのには、確実に作品に対する思い入れという補正がある。しかし、ぼくは、それでも言いたい。作品のよさを、それをなお際立たせるこのタイトルは、やはり素晴らしいと思うのだ。

 もしここまで読んで未読の方がいたら、ぜひ読んでもらいたい。
 そうすればぼくのこの気持ちも、きっと分かってもらえると思ってる。

related: ことば

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。